介護が必要な人は10年間で倍増。要介護(要支援)認定者数の推移

統計データをもとに日本の高齢化の実体を探る「データでわかる高齢化社会」シリーズ。今回は要介護(要支援)認定者数の推移を見ていきます。

500万人超え、10年間で2倍

平成12年(2000年)12月時点では約250万人だった要介護(要支援)認定者数は、平成22年(2010年)に約503万人へと増え、10年間で倍増したことがわかります。
要介護(要支援)認定者数の推移 要支援・要介護認定者数の推移(グラフ)
全国の要介護(要支援)認定者数(人)
平成12年(2000年) 2,497,783
平成13年(2001年) 2,884,063
平成14年(2002年) 3,352,639
平成15年(2003年) 3,759,214
平成16年(2004年) 4,064,828
平成17年(2005年) 4,284,220
平成18年(2006年) 4,404,192
平成19年(2007年) 4,505,930
平成20年(2008年) 4,644,359
平成21年(2009年) 4,802,308
平成22年(2010年) 5,028,419
平成23年(2011年) 5,254,270
平成24年(2012年) 5,486,183
※データ出所:厚生労働省「介護保険事業状況報告」 ※平成24年(2012年)のみ10月時点、その他の年は12月時点の数値

介護が必要なのに受けられない

介護が必要な人が増える一方で、介護施設・医療施設やその従事者の不足が深刻な問題となっています。このままでは近い将来、介護が必要な人がサービスを受けられない、といった事態に陥ってしまう可能性があります。 高齢社会の鍵を握る『団塊の世代』が75歳になるまで、あと10年。誰もが安心して暮らせる生活環境を整えていかなければなりません。

TOPへ戻る